Webinar(録画配信)
【医療関係者向け】
AI医療がクリニック経営へもたらすインパクトと
アイリスの取り組み

セミナー内容


テクノロジーの進化に伴い、AIの医療における活用が広がっています。かつては大学病院など一部の医療機関での利用に限定されていましたが、徐々にクリニックにおけるAI導入の事例も増えてきています。

本講演では、AI医療がクリニック経営にどういった影響を与えるかについて、AI医療機器の承認・保険適用を実現したアイリス株式会社の代表であり、自身も医師である沖山が講演いたします。

前半では医療AIの未来像から、クリニックでの経営や日常診療にもたらす影響について考察し、後半では当社の最初の製品であるAI搭載インフルエンザ検査機器「nodoca®️」を導入いただくことで、クリニックの診療に与えるベネフィットを掘り下げていきます。
登壇者:アイリス株式会社 代表取締役、医師 沖山 翔

以下のテーマに興味があるクリニック経営者・医師の方におすすめ

✔︎ AI医療を医療機関に導入するメリット

✔︎ 医療機関でのAI活用の可能性

✔︎ 今後クリニックで広まるAI医療機器

セミナー概要

開催方法 以下のフォームより申し込みいただいた方に講演が視聴できるURLを送付いたします。
参加費 無料
お問い合わせ先 info@aillis.jp
注意事項

・本講演は2022年12月2日に行われた講演の録画配信となります。
・お申込みのない方へ視聴URLを共有することはご遠慮ください。
・本講演は医療機関に所属する医療関係者の方の参加に限定させていただきます。

登壇者

logo_aillis
アイリス株式会社
代表取締役、医師
沖山 翔

2010年東京大学医学部卒業。
日本赤十字社医療センター(救命救急)での勤務を経て、ドクターヘリ添乗医、災害派遣医療チームDMAT隊員として救急医療に従事。2015年 医療ベンチャー株式会社メドレー、執行役員として勤務。 2017年 アイリス株式会社 創業、代表取締役。
国立研究開発法人 産業技術総合研究所AI技術コンソーシアム委員・医用画像ワーキンググループ発起人、救急科専門医。

プログラム

  1. 医療AIの歴史と現在地、未来像
  2. AI搭載インフルエンザ検査機器「nodoca」について
  3. nodoca開発の歴史 -AI医療機器ができるまで-
  4. nodocaがクリニック経営に与える影響

録画視聴お申し込みはこちら

nodocaの導入に関するご質問、ご相談はお気軽にご連絡ください。

CONTACT
お電話でのお問い合わせはこちら
平日10:00~17:00
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください
nodocaの資料は
こちらから
logo_aillis
ページトップへ戻る

あなたは、医療従事者・医療関係者ですか?

ここから先は、医療従事者・医療関係者を対象に作成されております。